便秘に良いオリゴ糖

オリゴ糖は便秘に良いとされています。
腸内環境が良くなるので知られているからそういわれるのです。
しかし、腸内環境がオリゴ糖だけで良くなるのではなく、善玉菌であるビフィズス菌を増やすことができることから、便秘に効果的とされています。

オリゴ糖が発見されたのは、母乳を飲む乳児がきっかけでした。
母乳の成分の中に、オリゴ糖が多くあることで、母乳で育った子供の腸内環境が良いことに着目したことから、オリゴ糖が腸内環境を良くして、便秘にも良いとされたのでした。
その後、様々な植物にもオリゴ糖があることが発見されました。

この糖類の中でもオリゴ糖を使用することで、健康に寄与することがわかり、健康食品ブームに乗り、様々な製品が市販されるようになりましたが、もともと人間は、自然とオリゴ糖を口にしていたということがわかります。

甘味料としてのオリゴ糖やヨーグルト製品などに含むことで、ますます腸内のビフィズス菌を増やすことができます。
確かに、糖分をオリゴ糖にしてみたら、便秘知らずの体になったという話はよく耳にすることができます。

ところで、スーパーやドラッグストアに行くと、砂糖などと並んでオリゴ糖が売られています。
甘さは砂糖にはかなわないものの、糖分としては十分な甘さがあります。
価格は砂糖よりは高いものの、健康のために、便秘解消のために是非オリゴ糖を使用してみてください。
効果はてきめん、便秘は良くなっていくはずです。
同時に、腸内環境は良好になります。

Copyright © 2014 オリゴ糖とビフィズス菌 All Rights Reserved.